​不動寺の諸堂と文化財

◆山門から境内へ◆

山門_桜の季節
山門_桜の季節

駐車場からまず目に入るのは県重文の石塔婆と仁王門です。

press to zoom
六地蔵と参道
六地蔵と参道

仁王門をくぐると右手には童子の六地蔵様がいらっしゃいます。

press to zoom
境内南側から空撮
境内南側から空撮

境内をドローンで空撮

press to zoom
山門_桜の季節
山門_桜の季節

駐車場からまず目に入るのは県重文の石塔婆と仁王門です。

press to zoom
1/9

◆石塔婆三基【県重要文化財】◆

石塔婆
石塔婆

press to zoom
石塔婆02
石塔婆02

press to zoom
石塔婆01
石塔婆01

press to zoom
石塔婆
石塔婆

press to zoom
1/3
県重文立て札.jpg


◆仁王門【県重要文化財】◆

仁王門
仁王門

建立年代は江戸初期と推定される。3間1戸8脚門、切り妻造、こけら葺き、両脇に袖塀が付き南面する。昭和33年に県重文に指定される。

press to zoom
仁王門
仁王門

前回(平成初頭)は半解体修理で、鉄板葺きに改変されていた屋根をこけら葺きに復旧するとともに、大規模な工事が行われた。

press to zoom
仁王門
仁王門

平成30年から令和元年にかけて、こけら葺きの拭き直しと塗装の塗り直しが行われ現在に至る。

press to zoom
仁王門
仁王門

建立年代は江戸初期と推定される。3間1戸8脚門、切り妻造、こけら葺き、両脇に袖塀が付き南面する。昭和33年に県重文に指定される。

press to zoom
1/3
仁王像 吽形(うんぎょう)
仁王像 吽形(うんぎょう)

press to zoom
仁王様吽
仁王様吽

press to zoom
仁王像 吽形(うんぎょう)
仁王像 吽形(うんぎょう)

press to zoom
1/2
仁王像 阿形(あぎょう)
仁王像 阿形(あぎょう)

press to zoom
仁王様阿
仁王様阿

press to zoom
仁王像 阿形(あぎょう)
仁王像 阿形(あぎょう)

press to zoom
1/2

◆不動堂(護摩堂)◆

不動堂
不動堂

参道の両側には36童子が立ち並び、つき当たり正面にあるのが不動堂です。

press to zoom
不動堂02
不動堂02

press to zoom
不動堂03
不動堂03

press to zoom
不動堂
不動堂

参道の両側には36童子が立ち並び、つき当たり正面にあるのが不動堂です。

press to zoom
1/3

​◆本堂◆

本堂
本堂

正面が本堂、脇に不動堂、左端には永代供養墓があります。

press to zoom
本堂2
本堂2

18世紀末の松井田の大火で焼失しましたが、19世紀初頭に通音和尚により再建。

press to zoom
本堂 向拝
本堂 向拝

欄間には不動寺の山号「龍本山」を象徴する龍の彫刻が見られます。

press to zoom
本堂
本堂

正面が本堂、脇に不動堂、左端には永代供養墓があります。

press to zoom
1/4

◆鐘楼堂◆

鐘楼
鐘楼

毎日6時と18時に手動で鳴らす時の鐘。

press to zoom
鐘楼その2
鐘楼その2

press to zoom
鐘楼
鐘楼

毎日6時と18時に手動で鳴らす時の鐘。

press to zoom
1/2

◆多宝塔址(十三重石塔)◆

多宝塔址
多宝塔址

寛文6年に4代将軍家綱公の寄進で建立された多宝塔が、大正9年に落雷で焼失し、平成にその跡地に建立された13層の石塔。

press to zoom
多宝塔跡01
多宝塔跡01

press to zoom
DSC_0563.JPG
DSC_0563.JPG

press to zoom
多宝塔址
多宝塔址

寛文6年に4代将軍家綱公の寄進で建立された多宝塔が、大正9年に落雷で焼失し、平成にその跡地に建立された13層の石塔。

press to zoom
1/3